宇宙に魅力を感じる人とは?

夢を見る人達へ

ニュースの宇宙情報は近未来を予想してる

2014 | 06 | 16

最近になって数多くの宇宙関連のニュースが流れるようになりました。火星探査機が火星に上陸しただとか、はやぶさという人工衛星が快挙を成し遂げたなどです。ただ、これだけ多くの宇宙関連の情報がニュースで入ってきているとしても、それほど実感がわかないという人もおられるかもしれません。しかし、これらのトピックスは実は私たちの近未来を予想しているものだと言えるのです。 なぜなら、今では当たり前に使用しているGPS一つを例にしたとしても、少し前までは考えられないような素晴らしい技術であります。このGPSは人工衛星によって位置情報を得ているものですから、衛星の打ち上げやその技術の進歩のニュースがGPSを使用できるという未来を予測していたと言えるでしょう。 GPSにとどまらず、今現在行われている宇宙関連の作業、そしてその話題はいずれ私たちの近未来に直接影響をもたらす可能性があります。ですから、それらの情報をいち早くキャッチしておくことが大切なのです。

宇宙飛行士はすごいと思う

2014 | 06 | 16

宇宙飛行士の仕事は国際ステーションを建造し、ここに長期間滞在して宇宙空間の調査研究や実験などを行うことです。時にはステーションの外に出て作業を行うこともあります。ここでは1日に浴びる放射線量が地球上の4~6ヶ月分に相当するため、発がんリスクが上昇します。また、無重力空間に長期間滞在すると筋肉量や骨量が低下し、骨粗鬆症を発症する恐れが増します。このような危険を冒しながらも、飛行士は人類や科学の発展のために努力します。 この仕事に就くためには、機械工学あるいは科学的な専門知識が必要です。理科系大学を卒業し、JAXAの宇宙飛行士採用試験に合格する必要があります。学力だけでなく、共同作業を遂行できる能力や協調性、異なる文化や価値観に対する敬意、優れたコミュニケーション能力と英語力が要求されます。また、長期間宇宙に滞在可能な体力や健康、強い精神及び肉体的ストレスの中で適切で冷静な判断力や行動力も必要です。採用試験に合格すると、2年程度アメリカのNASAで訓練を受けます。

映画とかで見ると少しわかる気がする

2014 | 06 | 16

日本人の宇宙飛行士で有名な方といえば若田光一さんですよね。彼は現時点で宇宙滞在時間が日本人の最長記録者でもあります。 その記録を出すのに数々の辛いトレーニングを積み、さらにはスペースシャトルに乗って未開の地へ、それこそ死と隣り合わせの危険な場所へ自ら希望して飛び出すわけです。 その原動力は一体何なのでしょうか?何にそこまでの魅力を感じるのでしょうか? つい先日、ある映画を観ました。冒頭で二人の幼い兄弟がUFOらしきものを目撃し、一緒に宇宙を目指そうと約束するのです。その幼い二人の子供たちの目は希望と好奇心に溢れ、とても輝いているように見えました。 月日は流れ、幼い兄弟の弟は夢を実現させます。一方、兄の方は夢を諦め厳しく忙しい現実に追われていました。 しかし、ある事がきっかけで兄も夢を追いかけ目指し、弟と同じ道を歩もうと努力し始めるのです。その時のその目はあの幼い日に見た希望と好奇心に溢れている輝いた目でした。 この映画を観て「ああ、こんな若田さんもこの少年のような純粋な心の持ち主なんだろうな」と感じたのです。何事にも初心を忘れず、向上心や好奇心を持ち続けることって大切ですね。